◎手作りアクセサリー教室&悩み事相談会 

2009年初の大きめのイベント「 オリジナル アクセサリー教室&悩み事相談会」を無事に終了いたしました。

講師には、ワイヤークラフトやビーズアクセサリーを作っていらっしゃるゆたかさん。
会場は、横浜の峠工房です。
そう、今回のイベントはナチュラルリボーンと、峠工房の共同開催なのです。

今回の参加者は、小学生の子どもが二人、大人が二人。
本当は他にも参加を希望した大人の方がいらっしゃったのですが、相次ぐインフルエンザの猛威に参加を断念された方が多かったのが残念です。

峠工房の人たちが、当日手作りサンドイッチやお菓子を準備して、ジュースなども用意してくれていました。

さて、子どもたちも集まっていざアクセサリー教室の始まり。

とは言え、ワイヤークラフトが何かの説明をしてても子どもたちは気が散ってしまいますので、作りながらということに変更。

ところが、講師のゆたかさんが、わくわくさんばりに子どもたちの要求にこたえて、色々作ると一気に興味が集中。
最初にワイヤー(銅や真鍮の針金などなど)をぐねぐねとさせていたのがだんだんとアクセサリーを作ることに変わっていき、女の子二人は自分のお気に入りのアクセサリーを作ったりしました。

一方大人は、というと本当は相談が主になるかな、と思っていた方が、思わぬ才能を発揮、初めてなのにすごく立派なアクセサリーを作っていました。

結果的に相談会の方はほとんど行えなかったのですが、趣味とか、特技を持つこと、何かに熱中することで才能が花開く(といっていいかと思います)の意味は見出せたかな、と思うので成功したのじゃないかな、と思いました。

 

今回参加した方や子どもたちからまたやって欲しいというような話を聞いていますので、続けて行えたらいいなあ、と思ってます。
さらに言うと、子どもたちがあちこちに宣伝というか自慢しているので、他に参加したい子どもが増えてしまいました(笑)。

できれば毎月の方が良いのですけれども、ちょっと今はそこまでの体力がないので、せめて二月にいっぺんとか出来たらと考えています。

で、実際に作るとなのですが。

初めて作る、わりと大雑把な人でも、これくらいまで作れます。

    

ゆたかさんの持ってきてくださったワイヤーのほかに、峠工房から出していただいたビーズをつかって作られたものです。

自分だけのオリジナルアクセサリーとなると、愛着もひとしお、だったりしたりします。
本当は、子どもたちの力作や他の人の作品も見せたかったところなのですが、子供たちが写真に取らせてくれませんでした。

 

ということで、今回参加できなかった方、これを見て参加してみたいと思った方、次の機会などに参加してみてください。

もちろん、無料相談会も同時に行います。

活動報告トップへ戻る