◎NaturalRebornの活動と今後、その他ご報告~

当NaturalRebornが、サイトでの活動報告などを載せず久しくなっていると思います。

その間もなるべくブログ等での報告はしていくようにしてまいりましたが、サイトの方もそれなりに形を
整えなおさなければなりません。

多くご支援、ご協力を戴いた方々にはまことに申し訳ない限りで、不義理の謗りを免れませんが、
過去に報告もいたしましたように、活動に足かせのある状態での内部での問題や、それを理解
して、なお活動を続けるための行為を納得できないということでのいさかいもありました。

ですが、それらの問題をなんとか解決し、心機一転というところで先の震災がありました。
言い訳にしかなりませんが、これらの積み重ねと、被災地に理事長が住んでいるという事もあり
中々活動が思うように行かなかった事実もあります。

ですが、都内のスタッフは震災時に必要になるものの情報を集め、各協力団体や組織などと
共に、被災地へ可能な限り、というか自分たちでできる範囲の支援を行ったつもりです。

ただ、本来被災地でもっとも重要な心のケアに関する活動が、取れなかったこと、それがNPOの
存在意義や価値を下げてしまったかのように感じてもいます。

ですが、これらの問題克服すべく、理事の刷新や組織の仕切りなおしを行い、2012年からは
より効果的に活動できるように体制の立て直しをして行こう、という形にもなっております。

ですが、その間活動はしないのか、と思われるのも問題です。

当団体の活動できる範囲で活動を行い、また新たに発生するメンタルトラブルの問題や、
社会環境の変化に対応することなどを軸に、今年は活動を行っていく予定です。

特に、被災地からの情報として遅々として進まぬ復興に、義捐金や補助金などを
依存症的にパチンコに費やす、世間で言うパチンコ中毒の問題がクローズアップされています。

この問題にも対処すべく、カウンセラーやセラピストの連携の強化や活動の拡大を行う事
それと同時にこれまでの活動をより多く行う事が必要となっているように感じます。

もちろん、そのために資金を集めることはしていきますが、同時に寄付や、募金なども
皆様にお願いしたいと思います。

理事長である嶋村不在のままの活動は何かと不利な部分もありますが、宮城で活動する
嶋村を都内に招く事や、またこちらから被災地に出向くことなどを考えると、これまでの
当NPOの状況からはあつかましいと取る方もいらっしゃるかもしれませんが、寄付や募金を
お願いする事、新たに助成金を獲得するように活動することなど、やること、挑戦することは
日増しに増えていくばかりとなっております。

スタッフや、外部協力者、協力団体との連携を拠り強化し、活動の資金の健全化を進め
この心の安定や、精神の安らぎが受けにくい世の中を変えるべく、当NaturalRebornもこれから
大きく変化していこう、と覚悟も新たに活動を続けてまいります。

活動報告トップへ戻る